立体を印刷

3Dスキャンと3Dデータ化を行ってくれるリバースエンジニアリングに依頼すれば不可能を可能にしてくれます!コストダウンの施行も行う事が出来ますので相談してくださいね!

最近、世間で話題の技術、それは立体物を印刷できる技術、3Dプリントです。

みなさんは3Dプリントってご存知ですか?
3Dプリントというのは、そのまま立体印刷ということで、さまざまな素材にさまざまな立体物を印刷できるというすごい技術なんです。

先日テレビで見たものでは、シリコンに犬の置物を印刷していました。

そもそも、「立体物を印刷する」という言葉自体がなんだかちょっとへんですよね。
従来の概念だと、髪に文字や写真を刷るというのが「印刷」だと思います。でも、3Dプリントプリントの場合だと、立体のデータをプリンターに入力して立体物を創造するので、それもまた「印刷」と呼ぶのでしょう。

一体この技術の何がスゴイのかというと、とにかく「なんでも」作れてしまうという点でしょう。
3Dプリンターに使える素材は、シリコンや樹脂、ゴム、真鍮、シルバー、ゴールドなどなど様々です。

先日見たテレビでは、拳銃さえも作れてしまうというふうに言っていました。
その立体物の構造データさえあれば、ありとあらゆるものがこのプリンターでできてしまうのです。
このようなスゴイ技術、私たちのような一般人の生活にはあまり関係ないものだと思っている人も多いようです。でも、この技術は民間の会社でも使われていて、私たちでも立体物を作ることが可能なんです。最近では、オリジナルグッズを3Dプロンターで印刷して作るというのが注目されています。
このサイトでは、3Dプリントで作れるオリジナルグッズについてご紹介したいと思います。

新世代の3Dプリンターに一度目を通しておいてくださいね。従来のプリンターとはカタチも中身も全然違います!プリンターなのにめちゃくちゃかっこいいですよ!